いくら借りれる? 

「住宅ローンをいくら借りられるか?」

住宅ローンは車のローンやデパート等のショッピングの際に使われているクレジットカード等とは違い「大きな金額」を「住宅購入目的」で「長期」で「低金利」で「保証人なし」で「源泉徴収の控除」もうけられる超優れもののローン商品である事はご存知かと思います。

そんな住宅ローンがマイホームが購入出来るか出来ないかの要!

いくら借りられるのか心配な方も多い事でしょう。

そこで難しい、物件の担保評価だとか、お勤め先の規模や業種とかを別とすれば以外と簡単にいくらくらい借りられるかわかるものです。

あくまで一般的な考え方です。(金融機関によって審査基準が異なります)

会社員の方は勤続年数1年以上・自営業、会社役員の方は3期以上とします。
※上記条件にあてはまらなくて不安な方はお気軽にお問い合わせください


年収400万円以上 年収に対しての支払額が年間35%迄
年収400万円未満 年収に対しての支払額が年間30%迄
(これを返済負担率と言います)

完済年齢 80才未満とします。


審査金利と言って実際に貸し出す金利より大きな金利で審査時には計算する事がほとんどです。例えば年収450万円の方が上記の通りで行くと

450万円×35%=1,575,000円(年間支払額)

これを金利が1.5%の住宅ローンで計算すると「約4,286万円」迄借り入れ可能となるように見えますが、実際のところは違って来ると考えてください。

例えば審査金利を4%で計算すると年収450万円の方は「約2,960万円」迄の借り入れとなります。 

ちなみに 4,286万円を35年支払で借入した場合の月々支払は当初、約131,231円

2,960万円を35年支払で借入した場合の月々支払は当初、約90,631円になります。 

金融機関によって審査基準が違う為、ここでは全てお伝えする事が出来ませんが下記に借入年数別(25年・30年・35年)に金利4%、100万円あたりの月々支払い金額を書いておきますので、目安として計算してみられてはいかがでしょうか?

【計算方法は】
年収 × 30%or35%÷ 12(月々にする)÷ 下記100万円あたりの返済金額 × 100万

25年返済の場合 5,279円
30年返済の場合 4,775円
35年返済の場合 4,428円


(例)
年収500万円 35年返済の場合

500万 × 35% ÷ 12 ÷ 4,428 × 1,000,000=32,930,000(1万円以下は切り捨ててあります)
32,930,000円が借入可能金額と目安がつきます。

但し、住宅ローンの他に何かローンを組んでいる場合はそのローンの月々返済金額も返済負担率に含まなくてはいけませんのでお気を付けください。

また、年収は夫婦の収入を合算して計算する事も出来ますので、ご主人だけの給料では目標マイホーム購入予算へ届かない場合等は奥様の収入も合算して世帯年収を上げれば借入限度額も上がります。

しかし、合算者の収入の半分しか収入として見てくれなかったり、合算者が社員でないと駄目であったりと、これも金融機関によって様々です。

金融機関によって違う・・・ 面倒ですよね。

家ナビstyleでは毎月の住宅ローン金利から総支払額のランキングから金融機関及び住宅ローン商品が分かるようにしてあります。

ただし、審査基準や優遇の基準、メンテナンスのしやすさ、リスク、借入金額の大きさ、等々 皆様にとって一番良い金融機関はそれぞれ違います。それは商品チェックだけではわかり兼ねます。

もしご理解し兼ねる様な事ございましたら、どんな些細な事でも結構ですのでお気軽にお問合せ、もしくは無料相談のお申込みをしていただければと存じます。


名古屋、愛知県を中心とした住宅ローン、マイホーム新築、購入の相談は家ナビstyleへどうぞ。


何度でも無料で相談できる!

家づくりに掛かるお金の使い方・住宅ローン選び・ライフプラン・土地選び・建物選びなど、正しい家づくりの進め方について、家ナビstyle代表 安田に直接何度でも無料でご相談頂けます。本当の「好き」を見つけ、健康で長持ちする最高の住まいを手に入れられたい方は是非ご活用下さい。

詳しくはこちら


住宅ローン専門コンサルティングメニュー

■これから住宅ローンを組まれる方

【無料コンサルティングの主な内容
1. 住宅ローンについての相談全般
2. 住宅ローン借り入れ金額の妥当性診断
3. 最低金利及び金利上昇リスクを含めたローン商品の比較から商品選び
4. 住宅ローンの支払い中の家計診断


※その他、実際に金融機関の間に入る業務や住宅業者様と金融機関の間に入り資金繰り管理等の実務作業が必要な場合は有料となります。詳しくは無料コンサルティングの際にお尋ね下さい。


住宅ローンの見直しをされたい方

【無料コンサルティングの主な内容】
1. 住宅ローンについての相談全般
2. 最低金利及び金利上昇リスクを含めたローン商品の比較から商品選び
3. 住宅ローンの支払い中の家計診断

※その他、実際に金融機関の間に入る実務作業が必要な場合は有料となります。詳しくは無料コンサルティングの際にお尋ね下さい。


上記メニューの他に、なんらかの問題が原因で「住宅ローンが通るのか心配」または「住宅ローンが通らなくて困っている」方向けのコンサルティングも御座います。詳しい内容はお問い合わせください。

全てまずは無料コンサルティングをご利用いただきその上で有料コンサルティングが必要かご判断下さい。

お問い合わせ及び住宅ローン専門コンサルティングお申込みは 
こちら

 


1

ページトップへ